全学年共通

atama+(アタマプラス)って何!?

こんにちは、現役塾講師のりおです。

初めて「りお塾」を見る人は4行自己紹介を先にご覧ください。

 

久々の投稿になってしまいました。

最近は何かと新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。

僕の塾も周りの塾もみんなコロナの対応に追われていて大忙しです。

学校も休校、塾も通塾禁止でオンライン対応。

サービスが低下してしまっているのは重々承知ですが、そんな中でも、サービス内容を維持するために全国の各塾がそろって導入しているツールに「atama+」があります。

この記事では「atama+」とは何なのか、しっかり説明していきたいと思います。

別記事でコロナの影響でatama+を導入してみてどう変わったかをまとめています。

atama+ホームページ

atama+を簡単に説明

まずは、atama+の全貌を知りたいですよね。

本当に簡単に言うと

AIが一人ひとりにあった目標を達成するための勉強方法・問題を無駄なく提案してくれるツールです。

そしてそれをコーチと呼ばれる先生(人間)が管理します。

要はAIと人間のいいところどりです。

実際にatama+を導入した塾、予備校を見てみると大手塾もかなり導入をしています。

実際導入待ちの塾もあるほど人気なんです。

人工知能(AI)の役割

atama+には、人工知能(AI)が搭載されています。

どうやってAIが生徒一人一人に提案する問題を決めているのかを紹介します。

例えば高校数学1である二次関数の問題が出たとしましょう。

二次関数を解くためには中学校の知識である一次関数の知識が必要です。

その一次関数を解くためには、方程式の計算や小学生の内容である分数の計算なども必要になってきます。

極端な話、あなたの生徒が問題を解いていて二次関数の問題で分数の計算が出来ていないで間違えたとします。そのあと生徒には何をさせますか?

答えは簡単です。分数の計算の練習をさせますよね。

AIもそれと同じように判断します。

生徒が問題を解いて、答えたものをもとに、何が出来ていないのかを判断し出来ていない単元を次に提案するのです。

また、問題を出すだけではなく、しっかりと解説や撮影された動画での講義もあります。

AIの代わりに人間がやろうとするとどうなるのか

さて、冒頭でも書きましたが、atama+は

AIが一人ひとりにあった目標を達成するための勉強方法・問題を無駄なく提案してくれるツールです。

とても当たり前なことのように思えますが、人間がこれをやろうとするとかなりの時間がかかります。

生徒が一人であればAIほど早くないにしてもスムーズにAIよりもその生徒にあった問題を提供できる自信があります。

しかし、生徒はたくさんいます。

集団塾(先生1人に対して生徒多数)の場合、先生1人に対して生徒が何十人もいます。

しかも、一回問題を出したら出しっぱなしではなく、解説までしなければなりません。

順番に対応しようとすると大渋滞が起きるのは目に見えて分かりますね。

それでは、個別指導なら先生1人に対して生徒数人だからできるのではないかと思いますよね。

個別指導の先生は大学生などのアルバイトが多いのでその正しい提案ができない場合の方が多いです。

もちろん、アルバイトのいない個別塾もたくさんあります。その場合絶対AIよりいいものを提供してくれるでしょう。

しかし、そのぶん人件費がかなりかかるので、費用がとんでもないことになりますね。

少ない費用で、効率よく最大の効果を出せるのが、atama+だと思っています。

 

atama+のデメリット

今まで述べた通り、atama+はメリットが多いですが、デメリットもあります。

向いてる人と向かない人がいる

これはatama+をやるべき人と性格的にあまり向かない人がいるということです。

いままでの内容を読んだ人は気づいたと思いますが、atama+というのは、基本的には対機械なのです。

つまり、勉強する生徒がそれをしっかり使わなければいけません。

ですが、勉強を無理やりやらされていて、解説なども全く読まず一人だと適当にやってしまう人には向いていません。

普段と違う指導方法

中学英語を体験してみた生徒さんはわかると思いますが、普段と違う表現があると思います。

SVOCという表現は高校生で習うかと思いますが、atama+では中学1年生から普通に出てきます。

数学でも、答えは導き出せるけど途中が解説と違うとそれはatama+では対応しきれません。

そのためにatama先生に質問という項目がありますが、こちらはatama+の運営会社が人力で返答しているのですぐには返信が返ってきません。

新しい単元の学習は少しハードルが高い

おそらくこれは慣れが一番関係してきますが、講義動画で未習単元を理解するのはやはりハードルが高いのかなと思います。

普段の教室と同じように生徒の反応をうかがいながらわかってなさそうな言葉を丁寧に説明したりするライブ授業には勝てないかなと思います。(むしろ勝たれたら困る)

人対人であるからこそ知識を入れやすいということもあります。

まとめ

atama+まとめ

・atama+はAIを使ったツール

・AIが一人ひとりにあった目標を達成するための勉強方法・問題を無駄なく提案してくれるツール

・デメリットもあるが、メリットがたくさん

 

りお塾では随時、質問や相談等小中学生の学習状況を始め勉強以外のことも受け付けています。

1,000人以上の生徒の学習指導や特支を含めて1万人以上の子供たちと関わった経験が力になると思います。

無料でツイッター問い合わせから現役講師の僕と直接お話しすることができます。

お気軽にどうぞ。

 

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です