全学年共通

【現在の黒板事情について】なくなる!?本当なの??

こんにちは、りおです。

教育業界にいると色々な噂を耳にします。

その中の一つ「黒板がなくなる」についてまとめます。

黒板の製造が中止

インターネットで検索してみたところまだ製造しているところはあるみたいです。

しかし、製造量が急激に減少していることも事実です。

羽衣チョーク

一時大ニュースになりましたが羽衣チョークが国内製造中止しました。

個人的にも愛用していたのでショックでした。ニュースが発表された瞬間少ない給料でまとめ買いしました。

 

これだけ愛用されているチョークですら製造中止してしまうほど黒板の需要が減ってきているのではないでしょうか。

 

黒板のメリット

書きやすい

目が疲れない

コストが安い

書きやすい

実は、慣れると黒板はちょうどいい抵抗があって講師は書きやすいです。慣れるまでは書きにくいですけど

見てて目が疲れない

光沢もなく、背景が暗い、ホワイトボードと比べて長時間見ていても目が疲れないです。

チョークのコストが安い

ホワイトボードのペンと比べて、です。

黒板のデメリット

チョークの粉が健康に影響がある

手が汚れる

黒板消しクリーナーがうるさい

チョークの粉が健康に影響がある

これはよく聞きます。黒板はダメと言われる一番の理由はこれですね。

お金払って健康に影響がある環境で勉強するって嫌ですよね。

前の席になるとチョークの粉が浮遊してたりで勉強に集中しづらいです。

手が汚れる

チョークって手が汚れます。以上。

黒板消しクリーナーがうるさい

授業中に黒板消しクリーナーを使うと「ヴィィィィィィィッン」って周りの教室にも聞こえる音が出ます。

人によると思いますが僕は割とあの音を不快だと思っていました。

黒板の代わりはホワイトボード

ホワイトボードのメリットデメリットは黒板の逆です。

講師目線

講師目線で考えると慣れていることもあり黒板の方がいいなという感想です。

書くときに抵抗があってそれをうまく利用して図形をめちゃくちゃきれいに書くことができます。(さわり心地は最悪ですが)

線も重ね書きできて図形の中に書き込むときに綺麗に書きこめます。

ホワイトボードだとペン先に色がくっついて少し神経質になってしまいました。

生徒目線

生徒目線だとデメリットは目が疲れやすいことのみだと思います。

疲れるといっても黒板と比較してというだけです。

ホワイトボードは白いし光沢があるので長時間見てたら疲れがたまります。

ですが、それ以外のホワイトボードのデメリットは講師側にあるだけで生徒にとってはサービス向上しているということですね。

 

まとめ

まとめ

・黒板はなくなりつつある

・黒板は生徒にとってメリットは少ない

黒板がなくなるのはやっぱり少し寂しい気持ちがありますね。

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です