4~6月

【高校受験】志望校の選び方

こんにちは、りおです。

今日の内容

・志望校の選び方は学年によって違う

・志望校は受験情報誌をしっかり参考にする

・塾は100%信用してはいけない

そろそろ最終的な志望校を決める時期がやってきました。

志望校を決めてそれをモチベージョンにして夏を乗り切る人もたくさんいます。

今回はその志望校の決め方についてまとめます。

志望校を選ぶ基準

まずは学年関係なく、志望校を決めるとき参考にできるものをまとめます。

進学・就職実績を見る

いきなり真面目で一番大事なことを伝えます。

普通科の高校に行くのであれば高校入学がゴールではないと思います。

大学進学・専門学校・短大・就職

様々ありますが高校によってこれらの得意不得意があります。

受験情報誌とか分厚い冊子に実績が書いてあります。

実際にあったものを参考にすると偏差値64の高校と偏差値59の高校

MARCH以上の合格実績は偏差値59の高校の方が多いです。

もし、

大学はMARCH以上!!

って考えているのであれば偏差値64の高校よりも偏差値59の高校に行ったほうが現実味が高いですよね。

具体的な名前を出すと法政大学に行きたかったら法政大学の付属高校に進学することが手っ取り早いです。

他にも指定校推薦という制度もあって極端な例を挙げると偏差値64の高校に早稲田が10枠、偏差値52の高校に1枠あったとしたらどちらの高校の方が倍率高いでしょうか。

但し、指定校推薦は先輩次第で在学中に無くなる可能性もあるのでそのリスクも知っておく必要があります。

少し極端すぎますがこういう情報を正しく見る必要があります。

勉強がすべてではないですし、まだ大学のこと決まってない人も多いと思いますが志望校を決める基準の一つとして頭の片隅にあるといいですね。

逆に就職したい人が進学多い高校に行くと就職先のコネとかが受けにくくなります。

学費

公立だと基本的にはかかりませんが滑り止め、人によっては私立が第一希望の人もいると思います。

奨学金もあるし学費無償化など様々な政策がありますが結局支払限度以上の支払いはできないですね。

かといってお金がないからこの高校は諦めてくれなんて中学生に言いづらいですよね、、、。

そこは家庭次第ということで

立地

これも重要です。

いくらいい高校でも家から片道2時間とかの高校だと通学が大変です。

駅から近いかどうかなどしっかり精査しましょう

バイトができるか

高校生になったらバイトして自分のお金が欲しいという人もたくさんいます。

バイトしたいのに学校がバイト制限されている…

これは公立私立関係なく学校によって違います

禁止されているのにバレたらかなり面倒くさいですよ

制服がかわいい

これも実は隠れた基準

華の高校生活、どうせなら可愛い制服の方がいいですよね

他にも

他にも上げ始めたらきりがないです

・やりたい部活がある

・野球の応援したい(チア)

・図書館がいい

・文化祭が良かった

・校舎がきれい

・高校の名前が有名

・食堂が安くて美味しい

・修学旅行や研修旅行、留学制度がある

等受験情報誌を見ればいくらでも書いてあります。

塾によっては無料で配っていたり安く購入出来たり無料体験行くともらえたりするのでうまく利用して手に入れましょう。

中学1,2年生向け

行きたいところを志望校にする

中学1年生は特に学力関係ないです。

目標は高くとにかくここに行きたいんだ!!って高校(ゴール)を定めてそれに向かって勉強するといいです。

モチベーションがあれば1年で学力なんてどうにでもなります。

実際に偏差値40くらいの女の子が制服可愛いしダンス部あるから偏差値55の高校に行きたい!!って中2の冬突然言い始めて猛勉強して余裕で合格して入学後も校内テストで上位に入るほどになってわざわざ塾に来て嬉しそうに報告してくれたこともあります。

 

模試に書く志望校

模試を受けると志望校判定というものがあります。模試によっては1年生は判定出ない模試もあります。

最大で5個判定が出ると思います

この5個をしっかり埋めると今後のモチベーションにつながります。

僕がおすすめするのは

1.自分の行きたい高校

2.自分の学力にあった高校

3.自分の学力よりも高い高校

4.自分の学力よりも低い高校

5.インフルエンザで受験しても合格できる高校

といったように偏差値が高い順にピラミッドみたいに志望校を入力することをお勧めします。

自分の学力よりも低い高校を受験する意図としては判定が全部「合格圏外」だったらへこみますよね。

学力が低くても「合格安全圏」という文字があるだけでかなり精神的に楽になります。

 

もし、志望校を3校しか書けないのであれば

1.自分の生きたい高校は2.3.4.のどれかに当てはまると思います。

なのでそれを含めて自分の今の学力とそれより高い高校、低い高校を書くといいです。

中学3年生向け

志望校の決め方

中学3年生になると1,2年生みたいに決めることはできません。

現実を見て、時期にもよりますが夏期講習前であればまだ成績上がる可能性があるので自分の成績より少し高い高校でもいいです。

夏期講習後は微調整だけで大きく変えないほうがいいです。

塾が邪魔してくることも

塾のデメリットの記事参照

あわせて読みたい
【中学生】塾に通うデメリットこんにちは、元塾講師のりおです。 今回はこちらの記事とセットになっています。 https://riotourette...

ここにも少し記載してあるのですが合格実績がある大手塾であればあるほど志望校を少し強引に塾側が思うところに変えられることがあります。

塾も立派な企業ですので、数字をしっかりと出さないといけません。

学習塾において一番欲しい数字は売上でもなく生徒数でもなく

合格者数

です。

しかも

○○高校合格者数No.1

なんて言えた日には

受験生からしたら

中学生
中学生
○○高校入りたいからこの塾にしよう

ってなりますよね!!

少なくとも

○○高校合格者数0人

の塾よりは行きたくなりますよね!!

他にも同じ偏差値55の高校でも地元の高校と電車で1時間の高校なら塾は地元の高校に志望校を変更させようとすると思います。

後輩からしたら地元の高校の合格実績の方が参考になるからです。

たとえ生徒数何万人の塾でも模試の結果などを集計して前年度からしっかり調整しています。

実際に僕のいたところはあまり詳しく書けないですが要約すると

本部から生徒の名前が書いてあるリストが送られてきて

〇〇君の志望校を△△高校に変えるように説得してください。

という内容がエクセルのファイルで送られてきます。

 

逆にいうと塾側は少し偏差値足りない生徒の場合は合格させないと数字が出ないので責任もって指導してくれるはずです。

いいとこもありますがやっぱり現場の先生次第で変わってしまいます。

まとめ

まとめ

・志望校の選び方は学年によって違う

・志望校は受験情報誌をしっかり参考にする

・塾は100%信用してはいけない

 

でした!!

志望校に悩んでいる人、まだ志望校決めなくていいやって思っている人

今すぐ目標を決めて

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です