中学3年生

【鹿沼秋まつり】地元の人が教える見どころ

こんにちは、りおです。

 

ついに!!2週間後に鹿沼秋まつりが開催されます!!

片道約2時間かけて去年参加したのですが、大満足で帰りました。

今回は地元の方に協力していただき、見どころをメインに紹介します!!

鹿沼秋まつり概要

概要なんてホームページに載っているので簡単に書きます。

日程はいつ?

2018年の日程は10月6日と7日の9:30~22:00頃です。

場所は?

鹿沼市です。ゴルフで有名な(勝手にそう思ってるだけかな)

最寄り駅は東武日光線の新鹿沼駅(特急停車駅)

他にも鹿沼駅からシャトルバスが出ているみたいなのですが、新鹿沼駅だと、駅のロータリーからもうお祭りで常に太鼓の音が聞こえます

もう、この時点でテンション上がる。

 

駐車場もありますが無料駐車場は基本離れたところにあります。有料駐車場は500円で利用できます。

 

絶対に抑えておきたい見どころ3つ!!

行ったはいいけど、何も知らないと楽しむ前に帰ることになってしまいます。しっかりと見どころを押さえておきましょう。

最初に

参加する町毎に1つ屋台を持っています。今年は鹿沼市の市政70周年なので、全部の屋台が出そろう!!予定だそうです!盛り上がりそう!!

 

1つ目花火

え?花火なんてあるの??

あるんです!!2日目の最後に花火が打ちあがります!!

夜暗い中に屋台の光とお祭りの音と花火。最高です!!

(花火の写真撮ってなかった。)

 

2つ目ぶっつけ

ぶっつけも見るだけでなく、ポイントがさらに2つあります。

太鼓

ぶっつけの際は太鼓の音が響きます。その太鼓の迫力!!そもそもぶっつけとは調子を狂わせず演奏するかを競うものです。太鼓をたたいている人の真剣さ!!音を聞くものもちろん、実際にたたいている人も是非見てください!!

実際にマメをつぶしたりバチを折ったりみんな真剣です。(去年は屋台の方ばっかり見てて太鼓の写真ないから違う場面の太鼓の写真)

見るだけじゃない!!

交差点で屋台同士が向き合いぶっつけを行うのですが多くの人が交差点の外から見ますが、ぶっつけの時真ん中に入って体験できることもあるそうです。

これを知った時びっくりしました!!真ん中に入って体験したい!!どうすれば体験できるのか??

これは、「運」だそうです。

その交差点に集まった屋台のトップの人たちが真ん中に入れるか入れないか決めるそうです。

是非とも入りたいけど、ルールは守らなければ!!

一斉キリン

屋台って想像できますか?あれって前か後ろに引っ張って動くしかないですよね。

キリンはそんな悩みを解決してくれる道具なのです!!

キリンという道具を使って屋台を持ち上げて回す。これがすべて人力でやってます!!全く想像つかないですね、僕も見るまでは想像つきませんでしたが実際に見てみるとすべて解決しました!!

同時に回る屋台と若衆

みどころがたくさん!!しかもキリンの種類も何種類かあるので屋台ごとの違いも見どころですね!!

他にも「キリン」ではなく「テコ回し」で回転する屋台もあります。どんどん見るべきところが増えていく!!キリンとは違って見てて飽きないです。

他にもたくさん。

他にも出店があったり、鹿沼以外のグルメを食べたり、場内各地でイベントがあったりとにかく楽しめます。

僕はお祭り中常に聞こえる太鼓が本物の音で場内各地でずっと太鼓をたたいている人がいるのにびっくりしました。

 

帰りの電車

多くの人が東武特急で帰ると思いますが全席指定なので当日の予約は席が埋まっててとれませんでしたが、去年は増発の電車で帰りました。南栗橋までですがなんと見るからにレアそうな電車がきてゆっくり座って帰れました。(後から調べたら1両しか残ってない臨時便専用の車両らしい)

まとめ

今回は、お祭りの見どころを中心にお話を聞かせていただきました。祭りを参加しただけじゃわからなかったり、先に教えてよ!!っていう地元民ならではの情報がたくさんあったので皆さんも是非見どころは抑えながら自分流の楽しみ方で楽しんで下さい。

 

 

 

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です