中学1,2年生

【中学生】模試結果の見方

こんにちは、りおです。

 

中学生になって模試を受ける機会が増えているでしょう。

模試結果はいろんな数字がたくさん書いてあってどこをどう見ればいいか慣れないと難しいです。

 

 

今日の内容

・模試の結果は○○を見よう

・次に同じ問題が出たときに完璧に正解できるまで復習をする。

・1点の差で高校受験の合否が分かれる可能性は十分あり得る。

そもそも模試ってなに??

本番を意識したもの

そもそも模試とは「模擬試験」の略です。

いきなり人生をかけた受験本番当日!!っていうことはなんとなく全員違うなって感じていると思います。

また、模試によってどの試験の模擬試験なのかが違います。

・公立受験向けの全国共通の模試

・公立受験向けの県ごとに作られている模試

・私立受験向けの模試(有名なものだと駿台模試)

大きく分けるとこの3種類があります。

あなたが何気なく受験していた模試は何に向けての模試でしたか?

 

「模試」は目標である高校受験のための「模擬試験」なのです。

現在の学力の把握

模試は結果が具体的な数字で出てくるので現在自分が周りと比べてどの位置にいるのか。

自分の学力を定期的に把握できるいい機会でもあります。

 

これもすべて目標である高校に入学するためです。

模試結果を見る

さぁ、いよいよ模試結果を見ていきましょう。

得点

一番気になるのは得点

ですが、僕はこの数字の優先順位は高くないです。

なぜなら問題自体が難しい模試が存在するからです。

同じ80点でも平均点が40点の時と70点の時だと嬉しさも変わりますよね。

この周りと比較したことに特化した数字が偏差値です。

僕は偏差値の方を重要視しています。

 

例外として100点はいくら平均点が高くてもミスをしていないということです。

これは「高得点を取る」と「満点を取る」は全く別物なので評価します。

偏差値

先ほど書いた通り偏差値は模試の結果を見るうえで非常に重要な数字だと思っています。

この数字の計算方法は複雑かつ知っていても得しないので算出方法は割愛します。

簡単に言うと

偏差値50だと周りと比べてちょうど真ん中くらい

50以上は真ん中より上、50以下だと下

偏差値60だと約上位16%

偏差値70は約上位2%(天才)

数字が高いほど頭がいいということです。

 

つまり、その模試を受けている人と比較して出している数字なので問題の難易度はあまり関係してこない数字です。

偏差値の弱点

この偏差値にも弱点があります。

上記で書いてある公立高校向けの模試で偏差値65取っていた人が腕試しで駿台模試受けてみたら偏差値30台なんてことになる事が多々あります。

なぜでしょう。

答えは…駿台模試を受ける人のほとんどは公立模試だと平気で偏差値70取る人だからです。

ざっくりスポーツで例えると

万年1回戦負けのチームではエース(偏差値65)でも、全国常連校だとメンバー入りすらできない(偏差値30台)

 

みたいなことです。偏差値を重視するけど他の情報もしっかり見ないといけないわけですね。

 

正答率

模試によっては受験者の正答率を一問ごとに教えてくれるものも多いと思います。

もし、これがある場合自分が間違えた問題のうち正解していないといけない問題というものが数問存在するはずです。

そこをしっかり見直しすることで、計算ミスならどういう計算が苦手か、苦手な単元ならそこを次から重点的に勉強しようとなるはずです。

多くの人が勘違いしていますが、模試は解いて終わりではありません。さらに次に同じ問題が出たときに完璧に解けるようにしておく必要があります。

 

「1点」の重み。

模試に受験者のうち何人が何点を取ったのかが公開されているのなら試しにそれを見てみてください。

仮にあなたが平均が60点のテストで60点を取ったとしましょう。

その時61点を取った人数を見てみてください。おそらく数千人いるはずです。

つまり、あと1点あれば順位が数千位上がっていたのです。

実際は数千人も入学者を集めている高校はほとんどありません。

1点あれば数千人抜ける。つまり1点が合否を分ける可能性は十分あり得ます。

これが1点の重みです。

これを普段の模試から意識できるかどうかで今後の勉強が大きく変わります。

まとめ

意外と甘く見ている人が多かったのではないでしょうか。

模試は「受けさせるもの」ではなく「自分の学力を把握できる機会」なのです。

まとめ

・模試の結果は偏差値を見る

・次に同じ問題が出たときに完璧に正解できるまで復習をする。

・1点の差で高校受験の合否が分かれる可能性は十分あり得る。

りお塾では随時、質問や相談等小中学生の学習状況を始め勉強以外のことも受け付けています。

1,000人以上の生徒の学習指導や特支を含めて1万人以上の子供たちと関わった経験が力になると思います。

無料でツイッター問い合わせから僕と直接お話しすることができます。

お気軽にどうぞ。

 

 

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です