中学1,2年生

【実話】「先生、私部活辞めたほうがいいですか??」

こんにちは、りおです。

 

今回は実際に生徒から質問されたお話を紹介します。

今日の内容

・苦しい時は○○を見直そう

・○○がすべてじゃない

登場人物のプロフィール

【A子ちゃん】

・中3女子

・吹奏楽部(引退は8月下旬)

・成績は偏差値55くらい

・数学が断トツで苦手

・部活が忙しくて勉強時時間がまともに取れない

・周りの同級生はほとんど引退している

「先生、私部活辞めたほうがいいですか??」

夏期講習前の7月終わりの授業後の夜遅くある女の子から

A子
A子
先生、私部活辞めたほうがいいですか??

と、質問されたので

りお
りお
続けなよ

と、冷たく即答しました。

根拠

僕はA子が同級生が引退し始めてから

「時間がなくて勉強できないから部活辞めれば時間できる!」

という考えを持っていることと

「苦手な数学を後回しにして結局疲れて適当にやっている」

この二つの状況を知っていたからです。

僕が担当している中学校2,3年生の計50人くらいの生徒は状況把握兼宿題ということですべて提出してすべての問題をチェックし、雑なところや不自然なところ、勉強に関係ない気になったこと、書くことない時は全く関係ないくだらないことを遠慮なくコメントをしていたのです。

また、たまたま吹奏楽部が強い中学校を担当することが多くて過去全国金賞取った学校の部長が何とか時間を見つけて早慶付属高校に合格した経験があったため、なおさらA子は辞める必要ないと判断しました。

解決方法

りお
りお
続けなよ

この後どんな会話をしたか。

・まず一日のスケジュールを紙に書きだす

・予想より友達と遊んでいる時間があったためその時間を減らす(友達も同じ塾)

・数学はこの時間にやるを決める

セリフまでは細かく覚えていませんがこの内容を二人で話し合いました。

スケジュールを紙に書きだす

先ほど述べたように

スケジュールを紙に書きだす

という方法は非常に効果的です。

時間は目に見えないからこそ視覚的に時間を表現して自分がどのように時間を浪費していたのかを知ることができます。

僕も大学受験のとき、この方法で週に1回、この時間にどの科目の勉強をしてどこの過去問を解いてなど今週のスケジュールを紙に書きだす時間を作っていました。

何より勉強がすべてではない

塾講師をしていますが勉強を中心にして物事を決めるのはおかしいと思っています。

もちろん塾側は合格実績が必要ですし生徒も志望校合格が目標ですが、そのために3年間真剣に続けた部活を辞める必要は全くないと思います。

塾講師は正直な話合格実績さえ出せれば何でもいいようなものですが生徒は高校大学とその先が続くと考えたとき遊ぶのを絶たれ勉強しろと言われ続けました。なんて人は正直嫌です。

勉強だけがすべてだと思ってる人は勉強以外のこともたくさんあるよ!!っていうのを理解してほしいです。

部活なんてなおさら中高生の間しかできない経験ですよ!!

まとめ

まとめ

・苦しかったら現状を見直そう

・勉強だけがすべてじゃない

 

りお塾では随時、質問や相談等小中学生の学習状況を始め勉強以外のことも受け付けています。

1,000人以上の生徒の学習指導や特支を含めて1万人以上の子供たちと関わった経験が力になると思います。

無料でツイッター問い合わせから僕と直接お話しすることができます。

お気軽にどうぞ。

ABOUT ME
りお
りお
自由人/元塾講師 日本全国旅(移住)します。トゥレット症候群。組織というものが大嫌い。 過去1,000人以上の学習指導含め1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに教育方面に長けている。 個人的な悩みも問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です