7~8月(夏休み)

【高校受験】受験に向けて夏休みの終わった今何をすればよいか

こんにちは、りおです。

 

写真は冬ですが…

 

ついに夏休みも終わってしまいましたね。

受験生にとって入試までの数少ない時間をどう効率よく使うか悩むところだと思います。

9,10月をどういう意識で過ごしたらいいのかを紹介します。

 

今回は公立の中学校に通っている人向けの記事になっております。

 

9,10月って中3にとってはどんな時期

塾に行っている人は夏期講習が終わって一息つく間もなく定期テストがやってきますね

忙しい中学校だと体育祭や合唱祭なんかもこの時期に重なるかもしれないですね。

 

部活によってはまだ引退していない

吹奏楽部、陸上部はなかなか引退しないで有名ですね

他の部活でまだ引退していない人はおそらくその部活において

高校から「推薦」をもらえるレベルの人たちではないでしょうか

大会に残れば残るほど引退は遅くなりますよね。

 

定期テスト

地域によりますが大体の地域は入試の点数に直結するテストではないでしょうか

(調査書や内申と呼ばれるもの)

夏休み中の勉強から定期テスト

ここは気を抜かないで行ける人は多いですが

定期テストが終わったとたん入試はまだまだだーー

ってなって気を抜いてしまう人がかなり多いです。

 

一度オフにすると勉強モードに戻すのに時間がかかります。

すぐ目標を受験に切り替える必要があります。

 

中学校の学習内容終了

塾に通っている人は8月中に中学校の学習内容を全て学習します。

基本的には学校はかなり遅れています。

既習内容をいかに早く使いこなせるようになるか

とにかく量をこなす必要があります。

 

忘れている内容も多い

「自分は今までの内容余裕で覚えている」

という人はかなり少ないのではないでしょうか

おそらく多くの人はこの時期に自分の抜けている内容がポコポコ出てくるのではないでしょうか

(特に数学理科社会)

しっかり復習をしましょう。

 

数学の復習方法をまとめたのでご覧ください

あわせて読みたい
【高校受験】数学の復習って何すればいいの?こんにちは、りおです。 9月ですね!! この時期はどんな時期かこちらでまとめてあるので是非ご覧ください htt...

 

逆算の考え

入試の日程をしっかり把握して

その日程の志望校合格のためにどういうことをすればいいのか

逆算の考え

をもって具体的にスケジュールを立てておく必要があります。

この「逆算の考え」はとても重要な考え方になります。

 

だって入試の日程は変わらないでしょ。

 

ゆっくりやって間に合わなかったから志望校を下げる

はもったいない!!

 

次はその入試日程について話していきます。

 

入試日程について

都道府県のよって入試日程はバラバラ

なんででしょう

早いと1月中から始まるし

遅いと3月中旬まで

 

二次選考とか再募集とかも含むと…

 

卒業式終わってるのに学校に結果報告しに行く県とかもありますね!!

私立高校受験する人は注意が必要

首都圏では私立高校が第一志望です!!

なんて人も多くいます。

地方の方だと考えられないと思います。

 

私立は学校によって日程がかなりバラバラなので確認しておきましょう。

しかし、ほとんどの場合1月中に終わってしまいます。

 

ということはさっき話した逆算の考えは

公立高校の入試日程ではなく自分の志望する私立高校の入試日程に合わせる必要があります。

 

入試日程が早いで有名な高校だと

千葉県の市川高校

HPを確認したところ

2019年度の前期日程は1月17日です。

 

1カ月近くも公立入試と比べて早くなる可能性もあります。

早めに志望校は決めておく必要がありますね。

 

志望校について

志望校が決まったら合格にむけて勉強あるのみですよね

 

志望校が決まらない人

志望校が決まらない人はたくさんいると思います。

理由は様々あると思います

・高校の情報がそもそもそんなに知らない

・行きたい高校が多すぎて迷っている

・塾に全て任せっきりでよくわからない

・行きたい高校と今の学力がかけ離れている

・学力がどれだけ伸びるかわからない

 

とにかく志望校は早めに決めましょう

決めるだけなら何も代償ないじゃないですか

早いに越したことはないです。

 

どうやって志望校を決めるの?

人によって行きたい高校の条件は様々だと思います。

・家から近い

・制服がかわいい

・なんとなく可愛いorカッコいい人が多そう

・修学旅行が外国

・高校名が有名

・文化祭行ってみてよかった

・野球部のチアやりたい

・校舎がきれい

・部活が

・大学合格実績が

・校風が

・購買が

・図書館が

・特待生基準が

など人によりますがたくさんあります

 

自分の中で判断材料が明確なのであれば自分で決めることができます

 

なんかどうでもいい

って人はとりあえず今の成績のちょっと上の志望校を設定しておきましょう

目標がないとやる気も減ります。

成績があがったらそのたびに志望校も変えていけばいいだけです。

 

塾に通ってる人は経験があるかもしれませんが

決めた志望校にいちゃもんを付けてくる塾

例えば

君ならもっと上いけるよ

〇〇高校(私立)も受験しなよ

など

もちろん生徒のためを思って言ってくれている講師もいますが

大手塾であればあるほど

合格実績を次年度売らなければいけないのでこういうことをしてきます。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

公開予定です。しばらくお待ちください。

 

入試対策もしないといけない

もちろん抜けている内容の復習も大事ですが

入試というものはそんなに甘くないです!!

実際の問題にたくさん触れていれば触れているほど

なんとなく

「入試問題ってこんなんなんだ」

って思えてきます。

簡単なものからでも入試対策もしなければいけません。

 

過去問はまだ早い

入試対策なら過去問が一番でしょ!!

確かにわからなくもない

が、実際の入試の問題は「生きた問題」

入試問題のことを大して知らない人がいきなり生きた問題はなかなか難しいです。

 

まずは入試対策のなかでも入門の問題

(解きやすいように改題されている)

や普通の入試問題をたくさん解きましょう。

 

過去問はいつ解くの??

過去問は言ってみれば学校や県ごとに

しっかり対応している唯一の「模擬試験」

です。

なぜみんなは模擬試験と呼ばれるものを受けるか意識していますか?

よく言われていることは

テスト(入試)に慣れるためです。

言葉の通りですね

模擬の試験

本番ではないけど試験

 

1年前の過去問なんて特にその学校の特徴がぎっしり詰まった

模擬試験

ですよ!!!

それを知識も大してついてない9,10月に解いちゃっていいんですか???

 

過去問はしっかりと知識が定着してから解くようにしましょう。

 

 

結局何すればいいの??

1.今の自分の状況を把握する

2.学習内容に抜け漏れがないか

(まだ学習内容が終わっていない人は早く終わらせたほうが良い!!)

3.入試対策

4.志望校の決定

5.入試日程の確認

6.逆算の考えで今後どういったペースで復習するのかスケジュールを決める

 

ざっとですがこんな感じです。

9,10月は本格的に受験に対する危機感も出てきて復習も入試対策もあれもこれもで一番やる事が多い時期です。効率的に勉強しよう!!

高校受験に浪人なんてないのでしっかりと第一志望の高校に合格できるようにしっかりと準備しましょう。

 

10月になったらまた続き更新します。

ABOUT ME
りお
りお
現役塾講師・自由人 組織というものが大嫌い。 自由に人間らしさを尊重し、”普通の先生”とは違う指導方法で成績を上げています。 過去1万人以上の子供と触れ合った経験をもとに幼小中の学習を始め様々な質問相談を問い合わせから受け付けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です